血液と健康の関係は深い|血液をきれいにして健康に

赤血球は酸素をからだ中に運搬する

赤血球は酸素をからだ中に運搬する

赤血球にはヘモグロビンと言う成分が含まれています。このヘモグロビンは鉄分とタンパク質で合成されています。その量は、成人男性で血液100mlあたり13グラムから16グラム程度。成人女性では12グラムから15グラムだといわれています。

 

ヘモグロビンは血管の中を通るときに酸素と血液中の酸素と結合して、その酸素をからだ中に分け与えているのです。同時に体の各箇所で新陳代謝を終えた炭酸ガスと結びついては今で運び込んで、二酸化炭素として呼吸として体外に吐き出す働きを手伝っています。

 

この動きには鉄分はとても重要な働きをしています。子供の成長補助食品であるセノビックにはこの鉄分が豊富に含まれているので、酸素と炭酸ガスの交換を行ううえでは重要な成分だといえます。

 

鉄分が欠乏してしまうと、ヘモグロビンの量も比例して少なくなってしまいます。そうなると、少しの運動でも酸欠状態のようになり、すぐに息切れしてしまいます。

 

若い女性ならこのような事態を招く原因となりますので、セノビックなどの鉄分を補給できるものを摂取ることで予防することができます。赤血球の寿命は3ヶ月ほどです。ガス交換の仕事をやり遂げると、臓器に取り込まれて処理されます。しかしその時に残った鉄分は新しい赤血球を製造するときにリサイクルされているのです。