血液と健康の関係は深い|血液をきれいにして健康に

血液の健康の関連性

血液の健康の関連性

細胞の一つ一つにDNAが含まれています。このDNAをまっすぐに伸ばしてみると2メートル近い長さとなります。DNAの配列の解明は世界中で行われていますが、いまだに全容解明には至ってはいません。これらの作業はコンピューターを使って計算していきます。コンピューターの性能が向上すれば、いずれ人類は、DNAをすべて理解することができるといわれています。

 

DNAに関する研究は、すべてが把握されてからがスタートだといっても過言で貼りません。どんな情報がどんな配列で記憶されているのか?現状では、ほんの目次だけがわかっている除隊であり、その詳細までは把握されていないのです。しかし、解明されると医療は飛躍的に進歩すると想像されます。

 

DNAと同じく、血液にも人間の様々な情報が詰まっていることがわかっています。健康診断などをするときにも血液を調べて様々な数値を割り出して、患者さんの健康状態を数値化することもできます。体の調子が悪くなると血液を調べるのはその為です。医師はその数値をもとにして、最適な治療方法を模索するのです。

 

ほとんどの方が、調子が悪くなってから病院に訪れます。常に血液の数値に気を配っていれば、ほとんどの病は予防することができます。それほど血液に含まれている情報は重要なものが多いのです。

 

患者さんの血液を調べると、体の調子やと血液の状態に関連性があるのです。血液の情報を詳しく解明することで、予防医学に利用することができます。自分たちの健康は自分自身で守らなければならない時代となってきています。その傾向から、海外の医薬品なども、個人輸入で利用することができるようになり、インターネットを使って、自分自身で医薬品を取り寄せることができるようになってきています。

 

医薬品の個人輸入を行っているのは、ベストケンコーやネット総合病院、あんしん通販薬局、くすりエクスプレスなどが挙げられます。

血液の流れについて

血液の流れについて

血管をすべて直列に並べると10キロメートルもあるといわれています。それのすべてに結ケ期を送り込む仕事を心臓一つで行っているのですから大したものです。血液には血球と血しょうとに分けることができます。

 

体の各部分に新鮮な血液を送り込む動脈、そこから栄養分を送り届けた後の血液をハイに送る静脈に分けることができます。動脈から静脈に移行する部分には毛細血管が網目のようになっており、肺では酸素と炭酸ガスの交換。脾臓では血液の保存、古い血球の処理。肝臓では血液の代謝などが行われています。

 

実は毛細血管は血管中の99パーセントを占めるといわれています。その太さは赤血球とほぼ同じだというのですから驚きです。実は、このことからもわかるように、すべての血液が隅々まで流れているわけではないのです。これは健康な人にも起こっていることで、部分的には血流がよどんでいることがほとんどなのです。

 

今の食生活や生活環境では、血液がドロドロになってしまう傾向にあります。血液の流れがスムーズでないと、血管に負担を家けることになり、重大な病気へと進展することがほとんどです。

 

その最も大きな病例が動脈硬化です。血液がドロドロになるということは、血管内に一番たくさん存在する赤血球が、お互いにくっつきあい、大きな塊となってしまうことです。そのために正常な状態では、約一分で体をヒト巡りする血液の流れもよどんでしまっているのです。

 

そのような状態が続くと、血液はさらに年生を増し、環境は時間に比例して悪くなっていくのです。

 

血小板は血液の漏れを防いでくれる

血小板は血液の漏れを防いでくれる

タンパク質で製造されている血小板は、パイプ修理人に用な働きをしてくれています。血管のどこかが傷つくと、現場に急行して、結感の穴をふさいでくれる働きがあります。

 

転んでけがをしたりすると、血液をとどめる働きのあるフィブリンの繊維が傷口付近に放出されます。そこに血小板がどんどんくっついて、最後にはふさいでせき止めてしまうということです。

 

この働きも考えられていて、どんどん血小板がへばりつくと、血管そのものが詰まってしまいます。そうならないように適度なところでコントロールする機能が血小板にはあります。

 

また、血栓が大きくなりすぎてしまうと、それを溶かす働きもあります。血管をふさぐ働きと溶かす働きに両方を兼ね備えているというわけです。

 

この血小板は製造されてから、何事もなければ3日ほどで、処理されてしまいます。このように血管の損傷に関して修理する働きがあるのが、血小板ですがこれがないと、血管が損傷した時に、そのままずっと流れ出てしまうこととなります。どんな小さな怪我でも血液が出続けるので、確実に出血多量で死んでしまいます。

 

人間が生きていく上では大切な働きをしている血小板は、自分自身を犠牲にして血液が漏れないように蓋になってくれているのです。